神戸・北野から発信するオリーブの軌跡!インターナショナルオリーブアカデミー神戸

member


神戸オリーブ園の歴史 神戸オリーブ園の歴史 四角 四角 四角 四角 四角 四角 四角 四角 四角 四角

神戸阿利襪園の歴史

1879(明治12)年
パリ万国博覧会にて、事務官長の前田正名がオリーブ2000本を導入
神戸山本通に三田育種場神戸支園(約1町歩)を設け、オリーブ550本を植える

1882(明治15)年
福羽逸人はわが国初のオリーブの塩蔵品製造と搾油に成功する。

1884(明治17)年
神戸阿利襪園と改称。林山官林1.5町歩を開墾し、オリーブ園を拡張。480本を植える。

1888(明治21)年
山本通2丁目のオリーブ園と播州葡萄園を前田正名に払下げる。

1889(明治22)年
オリーブ苗木を販売する。

1904~1908(明治37~41)年
神戸市農会が再度筋町のオリーブ園の再興を試みる。

1914(大正3)年
福羽逸人が小豆島を訪問し、オリーブの栽培と搾油を指導する。